WATAさんFamily自己紹介

WATAさん40 薄らハゲと妻にいじられ中❗️

妻35 家族のご意見番←我が家の権利握り中❗️

長女18 大人の階段上り中❣️

長男12 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

次男11 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

三男8 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

番犬5フレブルちゃん←こやつはWATAさんが主人だとわかってる^_^





コロナ自粛でプロ選手から得た夢への鍵

少年サッカー

こんばんは、ワタさんです。

コロナの影響でサッカーが活動自粛となりワタさんの息子達は自主練をするしか無かった中、プロ選手や元プロ選手などからオンライントークなどで貴重なお話しを沢山聞かせて頂きました。

トークの中でプロ(元プロ)選手が言っていたいくつかの共通点があります。

①サッカーを楽しんでやる事!

何をやるにも成長には楽しむがイコールになっている

楽しむ事が重要で楽しいから乗り越えられるだったり、楽しいから頑張って走れるなど楽しむって本当に重要なんだと感じました^_^

某サッカー漫画でも『サッカーは好きか?』と言う台詞や『ボールは友達』と言う名台詞は正に楽しむに繋がってますもんね〜)^o^(

②小学生年代は上手い下手はあまり気にしなくて良い!

小学生年代は体格の成長のアドバンテージがもろに出る年代なので、ゲームや練習などではどうしてもその体格差で勝敗が決まる事が多く出る年代らしく、例えばスピード勝負の子や背の大きな子は特に有利に働くと言ってました。ですので、特に小さい子供は全く気にする事はないと皆さん言っていました。しかし、ただ負けるのではなく、どうすれば体格差で勝る選手に勝てるかは常日頃考えてサッカーに取り組む事がとても重要だと言っていました。

きっとこの様な選手を負けず嫌いと周りの人は言うんでしょうね^_^

③基礎の重要性!

基礎に関しては徹底してやる事が夢に近づける1番の近道だと!

結果この基礎技術を怠っている選手はプロになるのは難しいと言っていました。どんなスポーツもそうですよね!

④小学生の頃のトレセンなどは本当に関係ない!

小学生年代でトレセンに選ばれていた選手が中学年代で消えていたなんて話しはあるあるなんだそうです。

確かに、ワタさんの知り合いの少年団でも、『え!こんな子が』と言う選手がトレセンに選出されているなんて事は凄く多いですもんね^_^

その様な選手の親は大体チームのパパさんコーチだったり、うるさい親だったりが多いんですよ^_^笑

小学生の地域トレセンほど当てにならないのはないかもしれませんね^_^笑

ざっくりですが、5.6名のプロ&元プロ選手がおっしゃっていた共通点でした。

本当に皆さん日時も場所もバラバラなのに口裏合わせた様に言っていたので凄いですね^_^

コロナ自粛で得た夢への鍵だと思ってます^_^

親のワタさんもいろんな意味で救われました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました