WATAさんFamily自己紹介

WATAさん40 薄らハゲと妻にいじられ中❗️

妻35 家族のご意見番←我が家の権利握り中❗️

長女18 大人の階段上り中❣️

長男12 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

次男11 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

三男8 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

番犬5フレブルちゃん←こやつはWATAさんが主人だとわかってる^_^





少年サッカーの移籍①親心編

少年サッカー

こんにちは!

本日は少年サッカーの移籍問題についてお話ししたいと思います。

小学生年代の移籍というのは凄く悩みますよね!

何を悩むかって?そもそも低学年(1.2年生)の時の移籍を考える親御さんの半数は、今いるチームでサッカーが出来ているであろう子供なんですよね!周りの保護者やコーチから『この子は上手だね』や『将来が楽しみだな』なんて事を試合の後に言われると親のスイッチが入ってしまうんですよね!

その流れで3年生になりTRMや招待杯などが増えてきてチームで活躍なんてすりゃーもう親御さんのスイッチは365日入りっぱなしになります( ;∀;)

そこで勝てないチームで1人奮闘していた日には『我が子はもっと上のレベルで出来るのではないか?』『ステップアップをさせるべきじゃないか?』など親御さんの頭を駆け巡るわけですよ(u_u)

でも、はたして小学3年生の子供が『俺、ステップアップの為に強豪チームに移籍してもっとサッカーが上手になりたい!』なんて言ってますかね?

きっと、小学3年生までの移籍の60%は親の期待感で行動しているのは間違いないとワタさんは思います。

きっとこの記事を読んでる方もズサっと胸に刺さっている人は多いのではないでしょうか( `ー´)ノ

実はワタさんもその一人でございます(ノД`)・゜・。

長男1年生・次男年長の時に小学校の少年団に入会をし、頭角を見せたのが次男でした。小学1.2年生のTRMに年長さんの次男も出していただき、出る試合では1試合1点は必ず取って帰ってくるを繰り返すにつれ、周りから凄い凄いと言われる事が増えワタさんスイッチが急激に入ったのを思い出します。3年生の試合に1年生で呼ばれ得点を上げて帰って来た日にゃあーもう完全に移籍話しは我が家で加速していましたε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

そして3年前のゴールデンウィーク、短期通い合宿in千葉(某有名スペインチームのスカウティング兼コーチが教える)イベントに長男・次男で参加しました。

そこで次男がなんとMVPを獲得したんです(^^)/

もはやワタさんスイッチは入るところか、完全に故障です!

入りっぱなしで制御不能(#^^#) 本格的に移籍をしようと動き出しました!

そこで移籍をさせるためにまずチーム選びです!

チームへ選びでの3択

①セレクションのある町クラブチム※随時受け付けているチームもあるが年に4回程度が妥当【定員あり】(保護者の役員なしが基本)

②市内で強豪少年団チーム※常に入会募集中なチームが多い【定員を設けていないチームが多数】(保護の役員ありが多数)

③J下部組織のクラブチーム    ※年に2回ほどセレクションを開催のチームが多い【定員あり】(保護者の役員なしが基本)

Google先生に聞きながら探すこと1ヶ月、保護者の負担なども緩和みて①のセレクションのある町クラブに受けることを決意しました。※③J下部組織のクラブチームはセレクションが年2回ほどしかない為構想外でした。

②の少年団の役員さんは本当に大変ですからね(>_<)

しかし、長男・次男でセレクションを受けたものの、長男不合格・次男合格という結果に。。。

ワタさん凄く悩みました。

長男は不合格を聞き、自分は『下手くそ!次男は上手』と思い込んでしまった(>人<;)

まだ長男若干小学3年生ですよ!まず優先すべきは長男の心のケアーだと夫婦で話し、サッカーが嫌いにならないよう努めました。

しかし、次男はセレクションに合格したのだから入会させてあげたい。ここで長男の気持ちを優先して次男も移籍をしないってなったら今度は次男が可哀想だ!なんて事を夫婦で数日話し合いました。そして話し合いの結果、チームは別々になるけど応援することは変わりないから、次男は移籍をさせて長男もステップアップで他のチームに移籍をさせようと言う事で話しはまとまったのであります。

ここまでの流れでお築きだと思いますが、ワタさん夫婦

完全に親の期待で行動に移しました。

移籍問題の件でよく目にする『子供の気持ちは置き去りに』などの記事がありますが、選択をできない年齢の子に環境を整えるのも親のサポートと思う人方と、選択が出来る年齢になるまで見守るのが親のサポートという方と別れると思いますが、我が家は完全なる前者の考えです!

サッカーの環境は日々良くなっている中で、子供より広い世界で生きている親がアンテナを張って、より良い環境を提供できる現実もあるからです。

ワタさんはそう思うんですよ!

良いか悪いかは皆さん結果論で話ているだけなので、正直参考にはならないんですよね!

ワタさんfamilyはワタさんfamilyの道があって良い(当たり前ですが・・・)

長男がセレクションをした3年生はすでに17名在籍者がいたのに対し、次男の学年(2年生)は7名しか在籍者がいなかったなど、チーム事情もあったのだと思います。

移籍はタイミングも重要って事ですね❗️

人生すべてタイミング! 時を逃せば成立はしない!準備をすれば時はまた訪れる!とあの時のワタさんは相変わらず分けわからない事を言っていました( `ー´)ノ笑

そして、長男は設立したばかりのチームへ移籍!次男はセレクションを合格したチームへ移籍となりました。

しかし、ここからが大変だったんですよね(>_<)

次回、少年サッカーの移籍②周りの保護者編で・・・

では✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました