WATAさんFamily自己紹介

WATAさん40 薄らハゲと妻にいじられ中❗️

妻35 家族のご意見番←我が家の権利握り中❗️

長女18 大人の階段上り中❣️

長男12 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

次男11 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

三男8 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

番犬5フレブルちゃん←こやつはWATAさんが主人だとわかってる^_^





[伝え方]

少年サッカー

こんにちはワタさんです!

ワタさん、息子達へアドバイスをする時に伝え方って本当に難しいなって感じます。

以前コーチをしていた頃、よく選手にこんな声かけをしているコーチがいました。

  • 『失敗(ミス)しても気にするな』
  • 『試合は勝ち負けに拘らなくて良い』
  • 『やる気を見せろ』
  • 『球際で負けるな』

ワタさんは息子へこのようなアドバイスをされるのが本当にいやでした。

●「失敗(ミス)しても気にするな」

サッカーはミスをするスポーツです。メッシでもクリロナでもミスをします。

それなのに、「ミスを気にするな」っておかしく無いですか?

ミスをするスポーツだからこそ意識してミスの回数を減らしていく事が重要なのでは無いでしょうか!

ミスを気にしなかったら何故ミスしたのかが分からずにガムシャラにただやる選手になり、精度はなかなか上りません。

選手へそこの意識の伝え方を間違えて伝えると「ミス=ダメなんだ」になってしまいますので、試合中に沢山ミスをして「何故ミスをしてしまったのか?を一緒に考え指導する事がミスの回数を減らし精度が上がっていくんだと思います。

だからワタさんは息子達に沢山チャレンジをしてミスを沢山してその中で成功した事を忘れないように意識して次もプレーするよう伝えています( ̄▽ ̄)

●「試合は勝ち負けに拘らない」

サッカーに限らずスポーツは勝敗が必ずつきます。

勝ち負けに拘る事は本気でスポーツをやる上でとても重要です。

今何をすべきか!どこまで自分を追い込めるか!成長できるか!

勝つためのプロセスです!

サッカーコーチが口にする「勝ち負けだけでは無い」と言うのと『勝ち負けに拘らない』では大きな違いがあります。

そこを間違って伝えているコーチをたまに目にすると本当に残念になります。

●「やる気を見せろ!」

子供達にやる気を見せろと言う時はだいたいコーチが思い描いたように行かなくて苛立っている時です。

選手は常に真剣です。このようなコーチはまず自分を見直して指導の仕方を勉強するべきですね!

●「球際で負けるな」

良く試合で聞く掛け声です。

コーチも保護者も結構言ってますよね( ^ω^ )笑

選手達は、「球際で負けない」ってどうすれば負けないか教えてもらっていますかね??

多くのコーチ・保護者がいう「球際で負けない」は根性論ですよね!

そうなると、ちょっと違う気がします!

選手は「球際で負けるな」というと多くの選手はガチャガチャやります。

しっかり指導するなら、オフェンスはディフェンスのどこを見てどうすれば運べるか。

ディフェンスはオフェンスとの間合いや距離・タイミングを意識してどうすればしっかり奪い切る事ができるかですよね!

選手が球際で負けない技術を知ってれば成り立ちますが、多くが根性論になっている気がするのでワタさんはあまり息子達に言ってほしくはないですね!

小学生年代は伝え方で本当に大きく変わると思います。

上手くできた時にどのように継続的にできるようにさせるかも声かけで変わっていきます。

本当に良いコーチは、伝え方が本当に上手ですよね!

息子達が通っているスクールでは本当に伝え方が上手なコーチに巡り合え短期間ですごく成長しました。

本当に感謝します( ̄▽ ̄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました