WATAさんFamily自己紹介

WATAさん40 薄らハゲと妻にいじられ中❗️

妻35 家族のご意見番←我が家の権利握り中❗️

長女18 大人の階段上り中❣️

長男12 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

次男11 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

三男8 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

番犬5フレブルちゃん←こやつはWATAさんが主人だとわかってる^_^



WATAさんfamily公式blog【息子はプロサッカー選手になる】 - にほんブログ村

ポチっとお願いします✨

スタメンの気持ち&ベンチの気持ち①子供の感情編

少年サッカー

こんばんは、ワタさんです。

ワタさんの次男は小学校2年生の時に小学校サッカー(少年団)から街クラブチームへ移籍したのですが、そこでクラブチーム特有のスタメン争いに巻き込まれました。

まーごくごく普通のことなんですが、クラブチームへセレクションへ来る子供は意識が少し高く、保護者は子供の倍の意識でセレクションを受けにくるもんで、小学校2年生でも競争意識的な感じはすごく感じました。

ワタさんの次男くんはそんな事もあまり気にしない雰囲気でしたが、学年が上がるに連れて意識する様になっていきました。

【競争】ってやつですか!( ̄▽ ̄)笑

3年生では、スタメンで出ることが当たり前の様になっていました。

4年生では公式試合も沢山増えるので、ワタさんfamilyは『1年間でメダルを何個もらえるかね〜』なんて事も話題に出ていました。

この時は、毎日が楽しみでしょうがなかったな〜

公式戦が1ヶ月後に迫っていた時の事です。練習試合中にアクシデントが起きました。

次男くんが右肘を骨折してリタイアしたのです。

手術が必要なほどの大怪我でした(学会でも上がらない程の骨折と・・・)

主治医の先生からは『1年間はサッカー出来ないと思ってください』と言われ、ワタさんと妻は三日三晩泣きました。

もう2度とサッカーが出来ないと言われたわけでは無いのに・・・・

ワタさん公式戦を凄く楽しみにしていて、ピッチで活躍する姿も、全て奪われた感じがしたのを思い出します(T . T)

しかし次男は前向きで『来週はサッカーできる?』とすぐに復帰する事ばかり言っていました。

次男くんも自分がピッチに立つことを凄く楽しみにしていたのだと思います。

1年間サッカーが出来ないと言われたけど、次男くんは1日でも早くサッカーがしたいと言う思いと努力で厳しいリハビリを乗り越え、奇跡的に4ヶ月でサッカーが出来るまで戻しました。

これには先生もびっくりでした。←先生もあり得ない回復力と言っていました(笑)

次男くんは自分への期待とサッカーができる喜びでやる気に満ち溢れチーム練習に戻りました。

がしかし、4ヶ月間チームを離れているうちに次男くんの定位置だったポジションは無くなっていたのです。

公式戦も1分も出れずベンチにいる事が多くなり、次男くんのモチベーションはどんどん下がっていきました⤵️⤵️⤵️

ある日、次男くんが『ワタさん、どうすれば試合にスタメンから使ってもらえるかな?』と聞いてきました。

ワタさんは『途中から出た時に結果を残せばコーチも使ってくれるんじゃないかな?』と言いました。

この時、次男くんは本当に悩んでいたのだと思います。ずっとスタメンで出ていた自分が怪我を境にベンチスタートになり凄く悔しく辛かったのだと思います。

ワタさんもこの時本当に悔しく辛かった(>人<;)

公式戦が翌日に控えた練習試合での事、会場に向かう車内でワタさんが『今日結果を出して明日も結果を出せば必ずスタメンで使ってくれくよ!大丈夫だ、がんばれ!』と送り出しました。

すると次男くんは練習試合で得点やアシストなどで結果を残しました。

翌日の公式戦でも後半途中から出場した1−0のビハインドの中、2アシストをし逆転勝利に貢献したのです。

次男くんも次の決勝ではスタメンで出れるかも!と期待していたと思います。

ワタさんも結果を出しているし、スタメンで昔の様に使ってもらえるだろうと楽しみにしていました。

しかし公式戦の決勝戦、次男くんの姿はピッチにはなく試合終了までベンチでした。。。

次男くん、帰りの車内で涙ぐみながら『チームを辞めたい』と言いました。

完全に心折れていたんだと思います。まだ若干4年生がです(>人<;)

ワタさんこの時『そっか!自分で決めた事ならそうすれば良いよ』と止める事をしませんでした。

なぜなら、本当にサッカーがやりたくて、1日も早くチームに戻りたくて泣きながら頑張って辛いリハビリを乗り越えてきた姿をずっと見ていたので正直、『挫けず頑張れ』とは言えませんでした(涙)

次男くんがスタメンで出ている時は毎試合が楽しみでしたが、ベンチになってからは何故か試合会場に行くのも気が重かったのを覚えています。←親のプライドですかね(笑)

そこで初めて気づきました。ベンチの子とスタメンの子ではピッチの上での自信がサッカーにも現れてしまっていると。

自信を持ってサッカーをやる事の大事さを本当に勉強させられました。

怪我明けのベンチスタートの次男くんはこの時完全に自信を無くしていた様に思います。

この様な時期を過ごしたから本当に思います。

自信を持ってやる事は本当に大事なんだな〜と!

コメント

  1. […] 前回の記事。スタメンの気持ち&ベンチの気持ち①子供の感情編 […]

タイトルとURLをコピーしました