WATAさんFamily自己紹介

WATAさん40 薄らハゲと妻にいじられ中❗️

妻35 家族のご意見番←我が家の権利握り中❗️

長女18 大人の階段上り中❣️

長男12 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

次男11 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

三男8 プロサッカー選手を夢見る少年⚽️

番犬5フレブルちゃん←こやつはWATAさんが主人だとわかってる^_^



WATAさんfamily公式blog【息子はプロサッカー選手になる】 - にほんブログ村

ポチっとお願いします✨

少年サッカーの監督・コーチの発言!!

少年サッカー

こんにちは、ワタさんです!

以前いた少年団での監督の指導の中で『お前たちは勝ちたくないのか?』と言う言葉をよく耳にしていました。その流れで出てくる言葉は『気持ちが弱い』『やる気が感じられない』と続いて行くのですが、この様な指導はなんなんでしょうか?

ワタさんも実はパパさんコーチとして指導に当たっていた期間がありました。

監督・コーチがこの様な発言の後の選手へのフォローに毎度追われていました。

果たして選手が試合で負けても良いと本当に思っていると思いますか?

答えはNoです!

誰一人として負けても良いと思っていません。むしろ絶対勝ちたいと思っています。

それは幼稚園生だろうが低学年(小学生)だろうが高学年(小学生)だろうが変わりません!

ワタさん良く試合に向かう送迎の車内で選手へ質問をします。

ワタ『今日の試合はどうだ?勝てそうか?』

すると選手は『相手は強いけどこんな感じでやれば勝てるよな』←一生懸命説明してくれます。

ワタ『それなら大丈夫だ絶対勝てるよ!』

選手『絶対勝つぞ!おー』と盛り上がってました。

しかし、いざ試合となると相手あっての事ですから思い描いていた様にはいきません。

ましてや、技術・戦術と言った面で指導を受けた事がない選手は、もはや気持ちだけで頑張って食らいついてました。その結果、時間と共に点差は開いていきます。

わかりますよね!普通の人間でしたらどんどん下を向きますよ!

そしてハーフタイムに『やる気あんのか?負けて悔しくないのか?』と言われるんです。

この様な指導で誰が『頑張ろう・やってやる』と言う気持ちになれますか?

負けず嫌いは伸びるとよく言われますが8割の人間は褒められて伸びます!自信がつきます。それが、身内ではなくコーチ・監督でしたらなおの事です。

ワタさん、コーチ・監督にミィーティング時に伝えました。

そしたら、「うちのチームは勝ちに拘らなくて良い!保護者が拘っているからそれは違うんだよな!」と・・・

おいおい!言ってる事のつじつまが全く合っていませんけど・・・

ワタさん、この様なコーチ・監督は自分のプライドの為にサッカーは「勝ち負けだけでは無い」と言っているのだと思っております。結果自分自身を守る為に!

選手は常に勝ちたいんです!勝つ為に試合に挑みます!結果が全てでは無いと言うのは大人の保守!子供はもっとシンプルで勝ちたい!勝てば試合楽しい!負ければ悔しい!です。

ワタさんはスポーツの世界は勝ち負けがどうしても着くものだから、やるからには勝ちに行こう!その為にコーチ・監督は全力でサポートする!が正解だと思っています。

そして負けた時は、選手のせいではなく全て監督・コーチの責任だ!気持を作れないのも、技術が怠っているのも、戦術理解が低いのも全て監督・コーチの責任ですと言ってあげられる監督・コーチが子供の信頼ややる気を引き出せると思っています。

しかし、まだまだ試合会場に行くとこの様な指導をしている監督・コーチを目にします。

その度に思います。

子供は大人が思っている以上に勝ちに拘っていますよ!

コーチ・監督!勝てる為の準備・指導を100%出来ていますか?

子供は教わる準備は出来ていますよ!

では✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました